ページの本文へ

Hitachi

四国日立システムズ

高知地区:ボランティア清掃活動「高知海岸パートナーシップ」に参加

日程

2017年4月15日(土)

場所

高知海岸長浜工区(浦戸)

参加人数

2名 [四国日立グループ4社、36名]

活動報告

2006年4月から国土交通省高知河川国道事務所と日立八日会が連携し、継続的に実施している海岸ボランティア清掃活動に参加しました。

高松・徳島地区:第2回 日立グループ『里海体験ツアー』に参加

日程

2017年9月2日(土)

場所

田の浦海岸 (香川県東かがわ市引田)

参加人数

8名 [四国日立グループ12社、60名]

活動報告

昨年に引き続き、日立グループ社会貢献活動「里海(人と自然が共生する持続可能な豊かな海)づくり」として自然環境の保護や地球温暖化の防止の課題に積極的に取組み、 社会に貢献することを目的に「瀬戸内海の海岸生物調査」「漂着ゴミの調査・クリーンアップ」を実施しました。

ここちよい秋晴れの中、まずはミーティング。海ゴミの説明を聞きました。

場所
ミーティングの様子

続いて、漂着ゴミの種類、量を調査しながらの、クリーンアップを実施しました。

ごみ調査1
ごみ調査2
ごみ調査3

今回のクリーンアップでゴミ袋60袋分を回収しました。回収後は、各グループごとに調査結果の報告を行い、海ゴミのお話を伺いました。

ごみ袋60個
ふりかえりの様子
海ごみの話

瀬戸内海の海ごみは太平洋にまで流れていき、遠く離れた場所にいる野生生物へも影響を及ぼしている現実。
海ごみには直接海に捨てられるごみだけではなく、川を通じて流れ出る漂流ごみもあります。身近なごみを拾うことが海ごみを減らすことに繋がります。
海ごみを減らすために自分達が何をしなければいけないのか、考えるいい機会でした。

日立グループ集合写真
集合写真1
集合写真2
四国日立グループの活動 (新規ウィンドウを表示)
国際海岸クリーンアップ(ICC)2015結果概要(ご参考) (新規ウィンドウを表示)
高知地区:アカウミガメ放流会「高知海岸パートナーシップ」に参加

日程

2017年9月3日(日)

場所

春野漁港東側海岸

参加人数

5名 [四国日立グループ6社、51名]

活動報告

国土交通省高知海岸出張所と春野の自然を守る会のご好意を得て、「高知海岸パートナーシップ」参加団体によるアカウミガメの放流会が行われました。放流した春野漁港からなんとアメリカ西海岸まで泳いでいくアカウミガメたち。大きくなって戻ってきてくれることを楽しみにしています。自然の大切さを学ぶいい機会を得ました。

戻ってくるのを待ってるよ。いってらっしゃい。

アカウミガメ1
アカウミガメ2
松山地区:ボランティア清掃活動「松山プチ美化運動」

松山市が行っている「プチ美化運動」(美しいまちづくりの推進のため、積極的な清掃活動を行なうことで、ごみの散乱を防止し、 美化の大切さを実感してもらうことを目的に実施)に賛同し、事務所周辺の清掃活動を行いました。

日程

2017年12月6日(水)

場所

愛媛支店事務所周辺

参加人数

20名

清掃活動の様子

清掃活動の様子1
清掃活動の様子2

日立グループ環境への取り組み

PAGE TOP

四国日立システムズは、情報システムのコンサルティング/設計から構築/運用/工事/保守まで、ITに関する課題をワンストップサービスで解決いたします。