ページの本文へ

Hitachi

四国日立システムズ

全社展開:「国際子ども支援活動」(7年目)

「子どもたちへの支援活動」の一環として、文部科学省所管の社会教育団体である「修養団」(*1)の実施している「国際子ども支援活動」に参加しました。

実施報告

2016年8月3日(水)、集まった衣類・文具類(ダンボール1箱)を修養団へ送付いたしました。

集まった衣類・文具類

*1) 財団法人修養団(SYD)
修養団のホームーページはこちら(新規ウィンドウを表示)
高松地区:第1回 『日立グループ 里海体験ツアー』

地域社会の一員として、自然環境の保護や地球温暖化の防止の課題に積極的に取組み、社会に貢献することを目的に坂出市王越地区の海岸にて 「瀬戸内海の海岸生物調査」「漂着ゴミの調査・クリーンアップ」を実施しました。

日程

2016年10月22日(土)

場所

香川県坂出市王越地区の海岸

参加人数

集合写真

6名 (四国日立グループ 合計10社、41名)

内容

小雨の中、まずは瀬戸内海の海岸の生物調査を行いました。

生物調査の様子1

生物調査の様子2

生物調査の様子3

!!カメノテを発見!!
どれか分からない人は
マウスをオン!

!!ケガキを発見!!
黒いトゲトゲしている貝、
分かりますか?

岩の間の水溜りにイソギンチャクを発見!
みんなで突いて触ってみました。
初めは恐る恐る・・・

続いて、漂着ゴミの種類、量を調査しながらの、クリーンアップを実施しました。短時間の実施でしたが、軽トラック1台分のゴミを回収しました。

クリーンアップの様子1

クリーンアップの様子2

クリーンアップの様子3

最後は、調査した海岸生物・海ゴミの集計を行い、終了しました。
ただ、ごみを拾うだけではなく、ゴミの調査・生物調査を行い、問題点を考え、気付くこと。 そして一人一人がゴミを減らすにはどうすればいいのかを考えることがエコ活動の第一歩なのだと気付かされた今回のボランティアでした。

四国日立グループの活動 (新規ウィンドウを表示)
[ご参考] 国際海岸クリーンアップ(ICC)2015結果概要 (新規ウィンドウを表示)
全社展開:防災備蓄品の寄贈(1回目)

防災備蓄品(カンパン 11箱、水 9箱)を「セカンドハーベスト」(*2)へ寄贈しました。 寄贈した防災備蓄品はセカンドハーベストより福祉施設(シェルター、児童養護施設など)、社会福祉協議会及び個人世帯などへ提供される予定です。

送付日

2016年12月2日(金)

防災備蓄品1

防災備蓄品2

防災備蓄品3

*2) セカンドハーベスト・ジャパン
セカンドハーベスト・ジャパンのホームーページはこちら(新規ウィンドウを表示)
松山地区:ボランティア清掃活動「松山プチ美化運動」

松山市が行っている「プチ美化運動」(美しいまちづくりの推進のため、積極的な清掃活動を行なうことで、ごみの散乱を防止し、 美化の大切さを実感してもらうことを目的に実施)に賛同し、事務所周辺の清掃活動を行いました。

日程

2017年1月13日(金)

場所

愛媛支店事務所周辺

参加人数

15名

清掃活動の様子

清掃活動の様子1

清掃活動の様子2

清掃活動の様子3

日立グループ環境への取り組み

PAGE TOP

四国日立システムズは、情報システムのコンサルティング/設計から構築/運用/工事/保守まで、ITに関する課題をワンストップサービスで解決いたします。