ページの本文へ

Hitachi

四国日立システムズ

健康経営の取り組みについて

当社は、企業活力向上活動の中に掲げる健康経営推進の一環として、従業員が心身ともに健康で、 明るくいきいきと働くことができる職場環境を作ることを目指しております。 このため、従業員が健康な生活を送り、笑顔で充実して働くことができるよう、 健康の維持・増進の施策を積極的に推進し、健康に対する従業員の主体的な行動を支援していきます。 健康経営で育まれた多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによって、 新たな価値を創造し、豊かな社会の実現に貢献します。

健康経営 推進体制

推進体制

安全管理・健康維持体制整備

安全で健康な職場を維持するため、安全管理体制の整備・メンタルヘルスケア・健康管理など、 従業員の心身の健康維持に向けたきめ細かい対応を実施し、従業員のパフォーマンス向上を図り、 仕事の効率化と生産性の向上を目指します。

ワークライフバランス支援

従業員一人ひとりが仕事と生活を両立させながら能力を十分に発揮できるよう、定時退勤日の設定・時間外労働の削減や 有給休暇取得推進(目標:16日/年)・特別休日の設定(3日/年)など、支援施策の充実を図ります。

健康づくりへのアプローチ

健康意識の向上と、自発的・積極的な健康行動の実践を促すため、従業員向けに健康に関するセミナーや イベントを定期的に開催し、健康についてあらためて考えるきっかけを作ります。

  • 『口腔衛生セミナー』とデンタルチェックコーナーを開催
  • 『がんと就労を考える:がんの予防と早期発見』セミナーを開催
  • 『たばこと健康 〜吸う人も、吸わない人も知っておきたいこと〜』セミナーを開催
  • 『糖尿病セミナー』を開催
  • 『介護の基礎セミナー』を開催
  • グループ合同ウォーキング大会を開催

「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました

健康経営優良法人2020 認定ロゴマーク

経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」で用いている評価のフレームワークをもとに、 当社は「大規模法人部門」で「健康経営優良法人2021」に認定されました。

当社は2017年度に≪企業活力向上活動≫『四国S3(エスキューブ)活動』を始動し、 従業員と家族がともに健康な生活を送り、笑顔で充実して働くことができるよう 健康の維持・向上の施策を積極的に推進し、健康に対する従業員の主体的な行動を支援しています。 また、健康と安全の向上などの観点から健康経営の目標値を定め、その目標値を達成するために、 さまざまな施策を展開しています。

PAGE TOP

四国日立システムズは、情報システムのコンサルティング/設計から構築/運用/工事/保守まで、ITに関する課題をワンストップサービスで解決いたします。